困ったときだけじゃない神頼み

神社参拝だけでなく、スピリチュアルな分野も使って開運する方法を紹介しています。

仏様に祈る

どこの神社も、神像というものを置いていません。

丸い鏡があるくらいです。

それすら無いところもあります。

私たちは、空間に向かって祈ることになりますね。

神道では、偶像崇拝を禁じているわけではないのですが、古代から、神像はありません。

仏教には仏像があります。

優しいお顔をした仏様が、いつでも私たちを迎えて下さいます。

仏像に向かって祈っていると、「そうか、そうか」、と聞いて下さっている実感があります。

どの仏様に祈りますか。

日本人に一番人気があるのは、たぶん観音様でしょう。

観音様は、三十三相に化身して衆生を救う、とされています。

観音経という、やや長いお経があるのですが、ご覧になったことがありますか。

ここには、例えばとして、困難や苦しみ危険から逃れられるというのを、13回も繰り返して書かれています。

「念彼観音力 ( ねんびかんのんりき ) 」

これは、「観音様の力を念じたならば」、というほどの意味です。

困ったときに呼べば、直ちに救いに来て下さる、そういう仏様です。

三十三相に化身する分けですから、この世の悩み事全てに対応して下さるということです。

弁天様に学問成就、お地蔵様に金運を願っても、的外れですが、観音様は何でもOKです。

真言は、聖観音真言が良いでしょう。

「オン、アロリキャ、ソワカ

これを、3回とか、7回とか、33回とか、108回とか、いろいろ言われていますけど、雰囲気が変わるまで唱えます。

お寺に出向かなくても、自宅で仏像をイメージしながら唱えても、大丈夫です。

ふわっとした、暖かいものに包まれた感覚がやってきますから、それが降臨された合図だと思って下さい。

来て下さったのですから、遠慮せず、悩み事を全て吐き出しましょう。

一応、希望はこうなんですけど、結果は全てお任せします。

という祈りにします。

執着してはいけません。

もちろん、感謝の祈りは忘れずに。

そして、自宅にお迎えするのですから、部屋を綺麗に片付けておきましょう。