困ったときだけじゃない神頼み

神社参拝だけでなく、スピリチュアルな分野も使って開運する方法を紹介しています。

丹生都比売神社

和歌山県にあります、丹生都比売神社 ( にうつひめじんじゃ ) を紹介しましょう。

御祭神は、

丹生都比売大神 ( にうつひめおおかみ )

高野御子大神 ( たかのみこのおおかみ )

大食津比売大神 ( おおげつひめのおおかみ )

市杵島比売大神 ( いちきしまひめのおおかみ )

創建は、神功皇后の頃ですから、3世紀です。

朱色に塗られた社殿が、横一列に並んでいます。

「丹」は硫化水銀のことで辰砂ともいわれます。

丹生は、その産地のことです。

辰砂は、仙人になるための秘薬であり、その朱色は厄除けの力があるとされていました。

社殿や鳥居に朱色が塗られているのは、そのためです。

硫化水銀は、金メッキにも用いられていました。

ということで、厄除けの神様であり、金運の神様と言えます。

ここには、市杵島姫も祀られていますが、これは弁天様です。

この神社には、「金の成る木」という御守りがあります。

参拝の折には、是非、授かってきて下さい。