困ったときだけじゃない神頼み

神社参拝だけでなく、スピリチュアルな分野も使って開運する方法を紹介しています。

御先祖様に感謝

宗教にかかわらず、たとえ無宗教でも、御先祖様には感謝すべきです。

直系の御先祖様の、ただ一人でもいなかったら、自分はこの場にいないのです。

先祖あっての自分だと、自覚することで、先祖の霊流を強く受けます。

霊流というのは、エネルギーの流れです。

霊流は、この世でも存在するもので、例えば会社。

社長が運の良い人なら、社員の運も良くなります。

社長の運が下がり始めると、社運も下がり、社員の運も下がっていきます。

部や課、クラブ活動、その他団体はどれも、上に立つ人の霊流を受けます。

さて、20代、30代と遡ると、御先祖様は星の数ほどいらっしゃいます。

地獄に堕ちて苦しんでいる先祖から、世の中に大きな貢献をした立派な御先祖様まで、いろいろいます。

感謝の気持ちを理解する先祖は、真ん中より上のレベルですから、感謝されると、助けてあげよう、守ってあげようと思ってくれます。

上のレベルは運も良いですから、良いエネルギーが流れてきて、自分の運が良くなります。

霊流というのは不思議なもので、身体に変化があったりもします。

血縁のない養子をもらっても、成長するにつれて、そこの「家系の顔」 になります。

長年連れ添った夫婦は、顔が似てきます。

飼い犬が飼い主にそっくり、なんてのもありますね。

霊的な交流があり、霊流を受けるからです。

手相家の西谷泰人先生が仰るには、薄毛に悩んでいる人は、「髪の毛ふさふさの御先祖様、守って下さい」 と祈ると良いそうです。

この応用で、病弱な方は健康な御先祖様、痩せたい方はスリムな御先祖様、受験生は学者の御先祖様などにお願いすると良いですね。

血は水よりも濃いと言います。

血の繋がっている御先祖様は、あなたを大切に思って下さっています。

せめてお盆の期間くらいは、感謝の気持ちで過ごしましょう。