困ったときだけじゃない神頼み

神社参拝だけでなく、スピリチュアルな分野も使って開運する方法を紹介しています。

神棚について

「真心さえあれば、形なんかどうでも良い」 と、考える人がいます。

 

私は、真心があれば形を整える、と思っています。

 

神社参拝のとき、賽銭箱に五円玉や十円玉を放り込んで、2回手を叩いて、願い事をする。

 

この形で参拝する人が、殆どでしょう。

 

そして、おみくじを引いて、吉か凶かで一喜一憂するわけです。

 

初詣の時は、破魔矢とか御守りを買って帰ります。

 

厳密には、「買う」 のではなく「授かる」 と言いますが。

 

それはともかくとして。

 

初詣や、絶対に叶えたい願い事がある時は、正式参拝 ( 昇殿参拝 ) をして頂きたく思います。

 

ここでいう正式参拝とは、祈祷料を納めて、神主に祝詞を奏上してもらう参拝のことです。

 

神社によって違いますが、3000円、5000円くらいからあります。

 

金額が上がると、お神楽が付いてきたりしますし、下賜される品物の数が増えます。

 

御玉串 ( 祈祷料 ) は、ちょっと痛いくらいのの額にします。

 

少なすぎると真心や真剣さが籠もりませんし、多すぎると、出したことに後悔してしまいます。

 

下賜される品物の中に、必ず御札が入っています。

 

この御札は、神棚に祀るべきものです。

 

タンスの上に置いたり、床の間に飾ったりする人もいますが、どちらも良くありません。

 

神棚が無ければ、設置して下さい。

 

御札には御神気が「充填」 されていて、私達にエネルギーを与えてくれます。

 

さらに、空間 ( 部屋 ) を浄化してくれます。

 

また、御札を通して神社の神様と繋がる通信装置でもあります。

 

御札に祈ることで、神様に通じるわけですね。

 

大切なものですから、床の間に置いて見下ろすなんて、絶対にダメですよ。

 

新しい材料で棚を取り付けたら、お社を設置しましょう。

 

一般に神棚と言えば、お社を指します。

 

これは、ホームセンターにも売っていますが、神社近くの神具店で購入されると良いでしょう。

 

勿論、ネットでも買えますが、実物を見た方が良いと思います。

 

大きいほど良いとか、高価なほど良いとか、ありませんので、お好みのものを設置しましょう。

 

少し高いですが、茅葺き屋根のものが、格好いいですよ。

 

我が家のは、ちょっと奮発して、そのタイプのものにしました。