困ったときだけじゃない神頼み

神社参拝だけでなく、スピリチュアルな分野も使って開運する方法を紹介しています。

流れに身を任せる

人生には、好運期と衰運期があります。

 

好運期に調子に乗りすぎず、衰運期に腐らずに過ごすよう戒める言葉は、古典の中に沢山あります。

 

衰運期には、何をやっても上手くいきません。

 

努力だけではダメだということで、神社参拝したり、スピリチュアルなものに手を出したりしますが、それでも、上手くいきません。

 

衰運期の行動は、川の流れに逆らって進むようなものです。

 

努力の割には進みませんし、時に、押し戻されてしまいます。

 

この、人生のリズムを読み取って、上手く活用しましょう。

 

衰運期は、中身を充実させる時です。

 

大量の読書をしましょう。

 

焦って行動に出ても、上手くいきません。

 

この時期には、あらゆるジャンルの本を大量に読んで、幅広い知識や考え方を身につけましょう。

 

また、美術館や博物館に足を運んで、幅広い教養を身につけましょう。

 

上手くいかないときは、流れに身を任せることが大切です。

 

無駄な努力をせずに、時間を有効に使いましょう。