困ったときだけじゃない神頼み

神社参拝だけでなく、スピリチュアルな分野も使って開運する方法を紹介しています。

ネガティブな思考

前回は、ネガティブな感情を拒否しないで、じっくり味わい、行動のエネルギーにしましょうという話をしました。

 

「ネガティブな感情は、悪いものではない」 ということです。

 

では、ネガティブな思考は、どうでしょう。

 

ネガティブな思考は、ネガティブな感情から発生します。

 

他人から酷い仕打ちを受けた時、怒り、憎しみ、嫌悪感など否定的な感情が立ち上がります。

 

お釈迦様でもない限り、当然のことでしょう。

 

怒りや憎しみの感情から、仕返しをしてやる、殺してやる等の思考が発生することがあります。

 

そこで止まれば、まだ、大丈夫です。

 

しかし、同じ相手から何度も酷い目に遭わされたら、堪忍袋の緒が切れます。

 

そして、行動に移ってしまいます。

 

復讐は、極端な行動ですけれど、実際に、そのような行動をとる人はいます。

 

ネガティブな思考は、相手も自分も不幸にしてしまう可能性を秘めています。

 

繰り返しますが、ネガティブな思考が発生すること自体は、仕方のないことです。

 

その時に、それを修正するのが知性と教養です。

 

知性と教養を、磨きましょう。

 

それには、大量の読書が最適です。

 

コロナ騒動で自由に使える時間が増えた方は、是非、読書に当ててください。

 

時間が無いという方は、何かを削ってでも、読書の時間を確保して下さい。

 

それは、単にネガティブ思考に気付くだけでなく、未来の幸せにもつながります。