困ったときだけじゃない神頼み

神社参拝だけでなく、スピリチュアルな分野も使って開運する方法を紹介しています。

愛で祈る 3

相手の御魂や守護霊に祈る時も、愛でなくてはいけません。

 

自分と相手、両方への愛です。

 

どちらかが犠牲になったり、我慢を強いられるような祈りは通じません。

 

愛の祈りとは、近江商人の「三方 ( 売り手、買い手、世間 ) よし」、のようなものです。

 

どんなに嫌いな相手でも、愛の祈りをしてください。

 

心の中で「幸せでありますように」と呟きながら、祈りを言葉にします。

 

いわゆるハートのチャクラから光が出て、相手に照射しているイメージを持ってもいいでしょう。

 

これは、スピリチュアルな方法です。

 

「暖色系の光で相手を包んでいる」と、イメージするのも、あります。

 

ただ、術に溺れると、愛から離れてしまいますから、注意してください。

 

術を使うと、つい、相手をコントロールしようとしてしまいます。

 

愛の祈りも、練習が必要です。

 

とにかく、まずは自分を愛すること。

 

これがないと、始まりません。