困ったときだけじゃない神頼み

神社参拝だけでなく、スピリチュアルな分野も使って開運する方法を紹介しています。

妄想が苦手な方に

妄想とは、幸せな未来のイメージです。

 

不幸な未来のイメージは、心配でしかありません。

 

心配はできるのに妄想はできない、という人もいます。

 

そういう人は、無理して、より良いイメージを持とうとすると、それがストレスになります。

 

「そんなことが起きるわけがない、幸せになれるわけがない、それを得ることなど不可能だ」と、返ってネガティブな感情が強くなってしまいます。

 

幸せな未来を妄想し、幸せな未来を確定させたら、あとは、来たものを全て受け容れて、その未来に近づいていくだけなのですが。

 

妄想が苦手な人は、幸せな未来を確定できません。

 

それをしようとしも、ネガティブ感情によって、不幸な未来を確定してしまいます。

 

そうなると、やってくるのは嫌な出来事ばかり、いつまで経っても思い通りにいかない人生です。

 

そのような方は、「今」に集中しましょう。

 

神道には、「中今」の思想があります。

 

過去も未来も全て今にある、という考え方です。

 

また、未来の心配をしたり、過去を悔やんだりと、ふらふらする気持ちを「今ここにいる」と、固定する考えでもあります。

 

この考えでは、未来は、今の積み重ねです。

 

今、今、今と連続する今の先にあるのが、未来です。

 

今できることの最善を尽くしていけば、未来は良くなっていきます。

 

未来を心配する必要はありません。

 

妄想が苦手な方は、今だけ見て、今に最善を尽くしてください。