困ったときだけじゃない神頼み

神社参拝だけでなく、スピリチュアルな分野も使って開運する方法を紹介しています。

天命を知るには

天命とは、今世の使命、果たすべきこと、あの世で決めてきた生き方です。

 

もし、今の生活に違和感を感じているなら、天命を生きていないと言えます。

 

心根の優しい方は、他人を優先しますから、当然のように天命から外れていきます。

 

人生の岐路において、選択ミスを重ねた方も、天命から離れます。

 

欲望の赴くままに生きてきた人も、親や先生の言う通りに進んできた方も、同じです。

 

そのような方は、今の人生に満足できません。

 

こんなはずではない、もっと何かあるはずだと、感じています。

 

寿命があといくら残っているか分かりませんから、1日も早く、天命に沿った人生を歩まなければなりません。

 

そのためには、自分の天命を知る必要があります。

 

天命が分からないから、不本意な人生になっているのです。

 

あなたは、実生活において分からないことがあったら、どうしますか。

 

分かるまで考えますか。

 

考えたところで、分からないものは分かりません。

 

分からないことは、調べるか、人に聞くことです。

 

天命は、生年月日で判断する占いで、ある程度の方向性が分かることもあります。

 

しかし、「これだ」とは、いきません。

 

それで他者に聞くのですが、自称霊能者に聞くのは危険です。

 

聞く相手は、神様など高次元の存在です。

 

神社参拝なら、「天命を知らしめ給へ」と、熱誠祈願するのです。

 

今まで、どれほど精進努力してきたか、人に尽くしきたか、頑張ってきたか、切々と苦労の数々を奏上して、天命を知る必要があるという結論に持っていきましょう。

 

瞑想や宇宙への祈願などスピリチュアルな方法を用いるのなら、「天命が分かりました、ありがとうございました。」と、完了形で祈ります。

 

梯谷幸司さんの心理技術を応用するなら、寝るときに「本当の私さん、私の天命を思い出しておいてください。」と、口にします。

 

いずれの方法でも、答えは、ふと目にしたもの、ふと耳にしたこと、閃きなどで、突然やってきます。

 

これだと感じたら、即実行してください。

 

正しいかどうかは、やってみないことには分かりません。

 

どんどんチャレンジして、天命すなわち本当の自分の本当の人生を、楽しく生きてください。