困ったときだけじゃない神頼み

神社参拝だけでなく、スピリチュアルな分野も使って開運する方法を紹介しています。

幸も不幸も、みな學び

徳分だけ持って生まれてきた人も、刧だけ持って生まれてきた人もいません。

 

また、世間と関わっている限り、善ばかりというわけにもいきません。

 

親切が相手を傷つけることもあります。

 

それで、良いことも起きるし、悪いことも起きるのです。

 

諺に、禍福は糾える縄の如し ( かふくは あざなえるなわのごとし ) とあります。

 

これは、幸不幸は、縄の目のように交互にやってくる、ほどの意味です。

 

また、人間 ( じんかん・にんげん ) 万事塞翁が馬、とも言います。

 

これは、幸せの時には不幸の心構えをしておけ、不幸の時は次に幸福が来るから頑張れ、ほどの教えです。

 

幸福の時にそれを楽しむだけ、不幸の時に嘆くだけ、ではいけません。

 

それでは、御魂の成長につながりません。

 

幸せの時も、不幸の時も、何かしら學びとるのです。

 

そこから、徳を多く積み、刧をなるべく積まない工夫をするのです。

 

やがて悟りの段階に達すると、輪廻転生から外れます。

 

その後は、時々この世に生まれてきて、凄まじい試練の後に人々を導く人生となるでしょう。

 

ブッダやイエスの生涯を思うと、発達途上の今の人生の方が幸せのような気もしますね。

 

ともあれ、幸も不幸も、みな學びの種です。

 

御魂を磨いていきましょう。