困ったときだけじゃない神頼み

神社参拝だけでなく、スピリチュアルな分野も使って開運する方法を紹介しています。

明日は朔日月次祭

明日6月1日は、全国の神社で朔日月次祭が行われます。

 

通常、一般の参加が認められていますから、お時間のある方はご参加ください。

 

朔日月次祭では、神職を先達として大勢で、日本国の平和と繁栄、日本国民の幸福、皇室の弥栄など、大きく祈ります。

 

大きな祈りですが、自分自身も日本国に住んでいる日本国民ですし、血脈を遡れば皇室に繋がっています。

 

朔日月次祭での祈りは、他者のためだけのものではなく、自分にも返ってくるものなのです。

 

もちろん、個人的な願い事をしても構いません。

 

最後に付け足すように祈れば、神様は「なんと、奥ゆかしい」と感激して、応援してくれるでしょう。

 

さて、6月末に行われる「夏越しの大祓」に向けての、人形 ( ひとがた ) の受付が始まっているかもしれません。

 

神社によって、多少、先になるところもあるようですが。

 

始まっていたら、ついでに書いてくるといいでしょう。

 

また、明日は1日ですから、神棚をきちんとお祀りしましょう。

 

水、米、塩を取り替え、榊も傷んでいたら取り替えてください。

 

そして、5月の御守護に感謝し、6月の誓いを立てましょう。

 

6月ということで、今年前半の締めくくりですね。

 

引き締めていきましょう。

 

 

月が変わればツキも変わります。

 

今月ツイてなかった方は、来月は大きなツキがやってきます。

 

ツイていた方は、更なる幸運を呼び込んでください。

 

自分で制限しないで、無限の幸運を受け取るのです。

 

さあ6月も、大いに盛り上がって参りましょう。