困ったときだけじゃない神頼み

神社参拝だけでなく、スピリチュアルな分野も使って開運する方法を紹介しています。

頑張ることをやめられない

土の時代では、一所懸命に頑張ることが美徳でした。

 

成功よりも、その過程における努力が尊いと、誰しもが信じていました。

 

それで、ドラマも漫画もアニメも、スポ根ものがもてはやされていました。

 

風の時代となった今、頑張るよりも閃いたら即実行することが大切です。

 

数年前から漫画やアニメの作家は、そのことをキャッチしていたようです。

 

今、アニメの主流になっているのは「異世界もの」です。

 

異世界に転生した主人公も、異世界から魔術で召喚された主人公も、最初から特殊能力を持っています。

 

そして他を圧倒する能力で活躍するパターンが、今の時代ではウケるのです。

 

異世界で、仲間に恵まれ、努力して強くなっていくパターンは、あることはありますが、ウケません。

 

ウケる作品は、最初から能力を持っていて、成功が約束されているのです。

 

さて、私たちは異世界に行くことは、まず、ないでしょう。

 

異世界転生や召喚されただけて特殊能力を獲得するのが、この世界では、「閃いたら即実行」です。

 

素直に閃きに従って行動すれば、ほぼ自動的に成功へ導かれるのですから、楽です。

 

しかしながら、親の躾や学校教育で頑張ることを刷り込まれ、頑張り続けてきた方は、「頑張るな」と言われても、無理です。

 

頑張る思考回路が、出来上がっているのです。

 

まるでドイツのアウトバーンのような、広くて快適で思い切り飛ばせる高速道路として。

 

それに比べて、「閃いたら即実行」は脳の回路にありません。

 

こちらは人跡未到の山を、雑草をかき分けながら進むようなものです。

 

すぐそばに高速道路があるのに、山を行く氣になれますか。

 

無理でしょう。

 

それでも、「風の時代なのだから、閃いたら即実行するのだ。」と決心して、続けていけば、やがて獣道ができます。

 

さらに続けていると、道は拡張されていき、障害物も減っていき、舗装道路になり、高速道路になっていきます。

 

その頃には、頑張る道は山道です。

 

頑張って山道を歩いても、なかなか目的地に辿り着きません。

 

逆に、閃いたら即執行アウトバーンだと、楽に、快適に、圧倒的に早く到着します。

 

どちらの人生を選ぶかは、自由です。

 

こうでなければならない、というのはありません。

 

舩井幸雄さんの仰るように「どっちが正しいかではなく、どっちが楽しいか」で選んでください。

 

そして自由に楽しく過ごしましょう。