困ったときだけじゃない神頼み

神社参拝だけでなく、スピリチュアルな分野も使って開運する方法を紹介しています。

明日は幽霊の日

明日7月26日は、幽霊の日です。

 

1825年7月26日、江戸・中村座にて「東海道四谷怪談」が初演されました。

 

それを記念してのものです。

 

昨年も、紹介しましたね。

 

私が初めて幽霊を見たのは、北陸地方の、とある有名ホテルでです。

 

寝ているときでした。

 

明け方、両足首が痛くて目を開けると、黒い人影が、私の足首の上に立っていました。

 

足首の上にですよ。

 

あまりに痛くて、頭にきました。

 

それで怒鳴りつけたところ、それは、すうっと消えていきました。

 

その時は、恐怖よりも怒りが先行してました。

 

別の部屋に泊まっていた友人も、幽霊被害に遭いました。

 

仰向けで手を組んで寝ていて、ふと目覚めると、もう一組、手を組んでいるのが見えたそうです。

 

その瞬間、自分の体の下に、明らかに人がいる感覚があったそうです。

 

慌てて、手を振りほどいて立ち上がると、それは消えてしまいました。

 

そのホテルには、悪戯好きの霊が棲み付いているのだとのことです。

 

私の場合、座敷童を見た後のような幸運は、ありませんでした。

 

いまでも、あれは、いるのでしょうか。

 

 

 

 

愛で祈る 4

愛で祈ることに関して、3回述べてきました。

 

自分のことを、愛せるようになりましたか。

 

これまで自己否定が強かった方は、理屈では解っても、なかなか、うまくいかないかもしれません。

 

自分を愛せよと言われても、自分には、なんの魅力もない。

 

お金もない。

 

権力もない。

 

病弱だ。

 

モテない。

 

能力がない。

 

頭が悪い。

 

など、次から次へと、愛せない理由が出てくるでしょう。

 

その多くは、他人と比較して、欠けている部分、劣っている部分に目がいっているからです。

 

あるいは、自分で勝手に、信じ込んでいるだけ。

 

自分では欠点だと思っていても、周囲の人から見れば、羨ましい長所のこともあります。

 

では、何のために、自分を愛さないのか。

 

大事なのは、「愛せない」のではなく、「愛さない」のかです。

 

自分を愛さないことで、何を得ようとしているのか。

 

今まで、自分を愛さないことで、何が得られたのか。

 

それを手にして、満足したか。

 

これらをじっくり、考えてください。

 

それがはっきりして納得すれば、自分を愛さないことは間違っていると、理解できるでしょう。

 

 

 

 

 

 

明日は満月

明日、7月24日は満月です。

 

11時37分、水瓶座の位置で起こります。

 

満月の祈りを試しましょう。

 

明日は、一粒万倍日でもあります。

 

「種を蒔く」には、最適の日です。

 

思い切った願い事をしてみましょう。

 

その願いは、現在の延長線上に無いものにしてください。

 

努力して掴めるようなものは、わざわざ、潜在意識を使わなくてもいいでしょう。

 

常識、置かれている環境や立場、年齢、性別など、一切の条件を排除して考えてください。

 

本当に望むことは、何ですか。

 

とてつもなく大きな願いは、ありませんか。

 

あるなら、遠慮なく書き出してください。

 

また、月を見ながら祈る必要はありません。

 

全国的に梅雨が明けて、久しぶりに美しい満月が見られる、という方もいらっしゃるでしょう。

 

月光浴を、楽しんでください。

 

満月から強烈なパワーが降り注ぎ、身体中に染み込んでいくイメージをしてみましょう。

 

開運につながるものは、何でも試してください。

 

 

 

 

 

 

愛で祈る 3

相手の御魂や守護霊に祈る時も、愛でなくてはいけません。

 

自分と相手、両方への愛です。

 

どちらかが犠牲になったり、我慢を強いられるような祈りは通じません。

 

愛の祈りとは、近江商人の「三方 ( 売り手、買い手、世間 ) よし」、のようなものです。

 

どんなに嫌いな相手でも、愛の祈りをしてください。

 

心の中で「幸せでありますように」と呟きながら、祈りを言葉にします。

 

いわゆるハートのチャクラから光が出て、相手に照射しているイメージを持ってもいいでしょう。

 

これは、スピリチュアルな方法です。

 

「暖色系の光で相手を包んでいる」と、イメージするのも、あります。

 

ただ、術に溺れると、愛から離れてしまいますから、注意してください。

 

術を使うと、つい、相手をコントロールしようとしてしまいます。

 

愛の祈りも、練習が必要です。

 

とにかく、まずは自分を愛すること。

 

これがないと、始まりません。

 

 

 

明日は大暑

明日、7月22日は二十四節気の第12「大暑 ( たいしょ ) 」です。

 

明日1日だけを指す場合と、立秋までの半月間を指す場合があります。

 

大暑が期間を指す言葉でもあることを知っている人は、とても少ないでしょう。

 

ですから知っていれば、いつかどこかで、自慢できるかもしれません。

 

七十二候は

 

初候・・・桐始結花 ( きり はじめて はなをむすぶ ) : 桐の実が生り始める。

 

次候・・・土潤溽暑 ( つち うるおいて あつし ) : 土が湿って蒸し暑くなる。

 

末候・・・大雨時行 ( たいう ときに ゆく ) : 時として大雨が降る。

 

暦の上では、最も暑い時期に入ります。

 

体調管理には、十分、注意してください。

 

体調を崩すと、気持ちも弱り、運も下がります。

 

「元気が一番」て、誰かが言ってましたね。

 

暑い時こそ、軽くていいですから、運動しましょう。

 

筋肉を、鍛えましょう。

 

そうして荒魂を発動させて、暑い夏を乗り切ってください。

 

 

愛で祈る 2

他人を愛することができる人は、自分を愛することができます。

 

あなたは、自分を大切に思っていますか。

 

自分を労っていますか。

 

ならば、まずは自分を救いましょう。

 

自分自身を幸せにしてください。

 

神様に、自分の素晴らしさを祈りましょう。

 

今まで、いかに精進努力の日々を過ごしてきたか。

 

どれほど、御魂磨きを頑張ってきたか。

 

世のため、人のために尽くして、徳を積んできたか。

 

こんなに素晴らしい人材は、滅多にいないでしょうと、訴えてみましょう。

 

実際、精進努力している人、御魂磨きと徳積みを頑張っている人は、あまり見かけないでしょう。

 

苦労している人は、いますよ。

 

それは、刧を祓っているだけです。

 

悪いカルマを、強制的に解消させられているわけです。

 

そうではなく、精進努力している人は、周囲を見回しても、あなただけではありませんか。

 

稀有の人材であるあなた自身を、神様に売り込んでください。

愛で祈る

あらゆる祈りは、愛のレベルからでないと通じません。

 

神社で祈るとき、あれが欲しい、これが欲しい、あるいは、〇〇になりたい、□□しますようにと、欲で祈る人がほとんどでしょう。

 

愛のレベルではないので、願いは叶いません。

 

愛のレベルとは、人の幸せを思う気持ちです。

 

人の幸せを、誠心誠意、祈ったことはありますか。

 

「人」の中には、自分も含まれます。

 

あなたは、自分自身の幸せを、「誠心誠意」祈ることができますか。

 

これは、なかなか、難しいものです。

 

「お金があれば幸せだから、お金が入ってきますように」

 

「お金が入って、幸せになりますように」

 

「配偶者がいれば幸せだから、結婚できますように」

 

「結婚して、幸せになれますように」

 

「病気が治って、幸せになれますように」

 

などの事柄を、誠心誠意、自分のために祈ることができれば、叶います。

 

祈れないとすれば、それは自分を卑下しているから、自分に価値が無いと思っているからです。

 

これは、自分に対する愛が、欠けています。

 

私は、このままで素晴らしい。

 

私には、欲しいものを手にする価値がある。

 

と、心の底から思いましょう。

 

思えない方は、とにかく、これらを口に出してください。

 

アファメーションのように言い続けていると、「自分には、価値が有るんじゃないか」、「もしかしたら、このままで、素晴らしいのかも」と、思える瞬間が来ます。

 

自分を愛しましょう。

 

自分自身を愛せない人は、他人を愛することはできません。

 

「いや、できる」という人は、それは愛ではなく、欲望でしょう。

 

自分を愛し、愛のレベルで祈れたら、願いが叶い始めます。