困ったときだけじゃない神頼み

神社参拝だけでなく、スピリチュアルな分野も使って開運する方法を紹介しています。

受け取らなくてもよいもの

「出したものを受け取る」という法則がありますが、時に、出していないものが来ることがあります。

 

それが、嬉しいもの、楽しいものなら、遠慮なく受け取ってください。

 

逆に嫌なものがやってきたら、心当たりがあるなら、甘んじて受け取る必要があります。

 

しかし、心当たりのない悪意は、受け取る必要はありません。

 

他人に対して親切にしたことが、相手の氣に障ることもあります。

 

プライドの高い人間は、親切にされることを嫌うことがあります。

 

他人に世話になることを嫌う人もいます。

 

施されるのが嫌だという人もいます。

 

親切な行為が、必ずしも相手を喜ばすことにはなりません。

 

たとえそれが、真心を込めたものだったとしてもです。

 

時に、逆恨みをされることもあります。

 

また、謂れのない誹謗中傷を受けることがあります。

 

今の時代、SNSを通して、見ず知らずの人を攻撃する人が、大勢います。

 

全く利害関係が無いにもかかわらず、悪意を向けてくる輩の多いこと。

 

いずれにせよ、非の無い自分に向けられた悪意は、受け取らないことが肝心です。

 

TMを世界に広めたマハリシ・マーシュ・ヨーギーは、郵便物に例えて話しています。

 

「配達された郵便物を受け取らなければ、それは出した人のところに戻されます。」と。

 

あなたに向けられた悪意は、受け取らずに、出した人のところに戻しましょう。

 

対抗せずに放っておけば、勝手に戻ります。

 

悪意や敵意は、スピリチュアル的には「波動の低い状態」です。

 

自分が相手の場所まで降りて行く必要は、ありません。

 

あなたに向けられた悪意は、出した本人が受け取るのです。

 

それでいいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時代は変わっても「出したものを受け取る」のは同じ

土の時代から風の時代になり、世の中の流れが早くなりました。

 

大きな権力にヒビが入り始めたのも、時代の流れです。

 

思い当たるところですと、大手芸能事務所、大物芸人、自動車会社、有力政党や国会議員などでしょうか。

 

この傾向は、ずっと続くでしょう。

 

今後、栄えていたものが落ちぶれる代わりに、今まで日の目を見ることができなかったものが、脚光を浴びるでしょう。

 

悲喜こもごもですが、昇るのも、堕ちるのも、結局は自分が出したものを受け取った結果です。

 

あるいは、与えたものを受け取った結果です。

 

他人を幸せにしてきた人は、幸せを受け取ります。

 

他人を不幸にしてきた人は、不幸を受け取ります。

 

良きものを沢山与えてきた人は、良きものを沢山受け取ります。

 

多くのものを奪ってきた人は、より多くのものを奪われるでしょう。

 

ただ、タイムラグがあります。

 

良きものを出した時、出してから受け取るまで、待てるかどうか。

 

待てずに、「あれは無駄だった」、「騙された」、「期待が外れた」、「やっぱりダメか」みたいな想いが湧き上がると、それが返ってきます。

 

道路のゴミを拾ったり、コンビニ募金をしたりは、徳積みですから積極的にやっていただきたいのですが、続けるのは難しいでしょう。

 

これら陰徳は徳分は大きいのですが、相手から直接感謝されないので、氣持ちが折れてしまいます。

 

それで余計に、無駄だったなどと思ってしまうのです。

 

その様な方は、まず、目の前の人を喜ばせることから始めましょう。

 

家族や親戚、友人などから始めて、地域の人、赤の他人と広げていきます。

 

目の前の人から「ありがとう」と言われると、嬉しいでしょう。

 

これは、陽徳です。

 

嬉しい分だけ徳の量は減りますが、氣持ちが続きます。

 

喜んでもらえたら、また、やってあげようと思えるし、実際に、やってあげるでしょう。

 

出したもを受け取るのですから、どんどん与えてください。

 

計算尽くではなく、真心を込めて与えたら、一層、喜んでもらえますよ。

 

 

明日は雨水

明日2月19日は、二十四節気の第2「雨水」です。

 

明日1日だけを指す場合と、啓蟄までの2週間を指す場合があります。

 

雨水は、明日1日だけを指す場合の方が多いようです。

 

七十二候は、

 

初候・・・土脉潤起 ( つちのしょう うるおい おこる ) : 雨が降って土が湿り気を含む。

 

次候・・・霞始靆 ( かすみ はじめて たなびく ) : 霞がたなびき始める。

 

末候・・・草木萌動 ( そうもく めばえ いずる ) : 草木が芽吹き始める。

 

立春から2週間が経ちましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 

良いことであれ、悪いことであれ、いつにも増して「出来事」が多かったのではありませんか。

 

私の場合、突然、車が故障して、高額の修理費用が発生しました。

 

痛い出費でしたが、事故に繋がらなくて良かったです。

 

また、ウエイトトレーニングで、ちょっとした不注意から腰を痛めてしまいました。

 

ただ、痛めた後のメニューをこなさずにトレーニングを終えたため、比較的軽く済んだと思っています。

 

以前の私は、怪我をしても痛みに耐えながらメニューをやり切って、怪我が長引いてしまいました。

 

一事が万事。

 

決めたことを最後までやり切ることが信念でしたから。

 

今は風の時代でもありますし、ダメだと感じたら、即やめることが大切です。

 

身を持って学びました。

 

おかげで、すっかり回復して元氣です。

 

しばらくの間、運動できなかった分、大量の読書ができて良かったです。

 

転んでもタダでは起きない。

 

明日も、良き1日であります様に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイムラグを辛抱できるか

願い事がある人は、神社参拝、墓参り、守護霊に祈願、新月や満月の祈り、潜在意識の活用、宇宙への発注など、様々な方法で願い事をするでしょう。

 

その後、行動しなければ何も変わらないのは当たり前です。

 

願い事実現のために、閃いたことを、即、実行に移していく必要があります。

 

閃きが正しいかどうかは、関係ありません。

 

間違っていたら上手くいきませんが、その時は、次の閃きがきます。

 

最初の閃きに執着していなければ、必ずキャッチできますから、安心して行動してください。

 

どんな願い方をしても、願ったらすぐに叶うことなど、ありません。

 

願いが実現するためには、時間がかかります。

 

その間、我慢できるかどうか。

 

本当の願い事なら、いくらでも待てるはずです。

 

他者を見返してやるためだったり、認めてもらうことだったり、自慢するためだったりなど、「他人のための願い事」は、本当の願い事ではありません。

 

こういうものは、力尽くで叶えることはできますが、叶った後に歪みが出ます。

 

本当の望みではないので、自己破壊欲求が出てきてしまうのです。

 

本当の願い事のみを「発注」してください。

 

さて、待つといっても、「果報は寝て待て」ではいけません。

 

閃きに従って行動しながら、叶うのを待つのです。

 

これから暖かくなってきます。

 

動きましょう。

 

誰にも遠慮するこてなく、閃いたら即実行です。

 

 

昨日と同じ今日を過ごさない

今が幸せで、人生を変えたくない方は、開運情報を仕入れたりしないでしょう。

 

この記事を読まれている方は、人生を変えたい、もっと幸福になりたいと思っているはずです。

 

とはいえ、思ってはいるものの、起床から就寝まで、毎日、同じパターンで過ごしている方が多いのではないでしょうか。

 

脳は変化を嫌うので、仕方のないことです。

 

仕方がないからといって、昨日と同じ今日を過ごすことの繰り返しでは、何も変わりません。

 

人生を変えるには、行動を変える必要があります。

 

人生は選択の連続ですから、1日の最初の選択を前日と別のものにすれば、どんどん変わっていくはずです。

 

鍵は、目覚めた直後です。

 

目覚めた時、昨日やり残したことや、今日すべきことに思いを馳せてはいけません。

 

今の現実ではなく、理想の人生、つまり最高のパラレルワールドに意識を飛ばしてください。

 

目覚めた瞬間から、妄想に入るのです。

 

そうすることで、昨日の延長線上にない1日を始めるのです。

 

妄想で幸福感をたっぷり味わってから、起床してください。

 

その後、現実には、いつものように朝食を取り、出勤しと、同じような1日にはなります。

 

でも、昨日の延長線上ではない1日に入ったので、新しい発見や氣付きがあるはずです。

 

ふとした感覚や閃きに従って行動すれば、前日とほんの少し違った1日になります。

 

そして、少しの違いを喜び、歓迎してください。

 

その時の感情が、更なる変化を引き寄せます。

 

この繰り返しで、小さな雪だるまを、大きく育ててください。

 

 

 

よさこい稲荷神社

高知県高知市にあります、「よさこい稲荷神社」を紹介しましょう。

 

御祭神は

 

宇賀魂神 ( うかのみたまのかみ )

 

大宮能賣神 ( おおみやのめのかみ )

 

猿田彦神 ( さるたひこのかみ ) 

 

もともと、京都河原町土佐藩主・山内邸内にありましたが、明治維新後に高知に還され、何度が遷座した後、現在のところに落ち着きました。

 

今は、高知大神宮の境内にあります。

 

遷座の度に社が立派になっていったため、人が出世するようだと評判になりました。

 

その縁起の良さから、三菱の創業者である岩崎弥太郎も篤く信仰していたとのことです。

 

また、昭和40年ごろまで、高知市内では珍しい、野生の狐が棲みついていました。

 

狐は稲荷神の眷属です。

 

本物がいるということで、さらに人々に崇められるようになったそうです。

 

参拝の時は、まず高知大神宮の本殿に祈りを捧げてください。

 

主祭神は、天照皇大神です。

 

ここで、日本国の繁栄、国民の幸福、皇室の弥栄など、大きな祈りを捧げます。

 

そして、稲荷神社で、思う存分、願い事をしてください。

 

 

バレンタインデー

かつて日本では、女性が男性にチョコレートを贈る日でした。

 

やがて義理チョコが振る舞われるようになりました。

 

それが友チョコになり、今は自分へのご褒美が主流です。

 

流れはどうであれ、デパートやコンビニなどで「バレンタインセール」があって、街はキラキラしています。

 

このような明るい雰囲気が、明るい出来事を引き寄せます。

 

贈った人も、贈らなかった人も、貰った人も、貰えなかった人も、自分で自分にご褒美チョコをあげた人は、開運です。

 

雛祭りでも、クリスマスでも、世の中が盛り上がっている時に、それに乗っかって自分も盛り上がる人が、開運します。

 

世間がお膳立てしてくれているのですから、乗っかれば良いのです。

 

斜に構えていても、何も起こりません。

 

あらゆる機会を利用して、氣分を盛り上げ、良きことを引き寄せましょう。