困ったときだけじゃない神頼み

神社参拝だけでなく、スピリチュアルな分野も使って開運する方法を紹介しています。

大量の読書

読書習慣の無い方は、本を読むのが苦痛でしょう。

 

その苦痛を克服して、習慣づけてください。

 

習慣になれば、食後に歯を磨くように、苦もなく読書できるようになります。

 

まずは、「読書するぞ」と宣言しましょう。

 

神社や神棚に、「今年は〇〇冊の本を読みます」と、誓いを立てても良いでしょう。

 

これを「発願 ( ほつがん ) 」と言います。

 

次に、大きめの本棚を設置してください。

 

そして、まとまった量の本を購入します。

 

50冊とか、100冊とか、とにかく大量に。

 

単行本だと、1冊1500円として、100冊で15万円になります。

 

800円程度の文庫本でも、100冊買えば8万円です。

 

結構、かかります。

 

そこで、古本です。

 

ブックオフなら、新品みたいなのもありますし、ネットで注文してもハズレが少ないので安心です。

 

私は、ブックオフの回し者ではありませんけど、お勧めします。

 

ネットで、1冊100円とか、200円の本を買ってください。

 

100円の本なら、100冊買っても1万円です。

 

ちなみに、たくさん買えば送料は無料になります。

 

届いた本は、箱から出して、見えるところに積んでおきましょう。

 

これがプレッシャーとなって、読まざるを得ません。

 

家族がいれば、なおさらプレッシャーになります。

 

本棚に並べるのは、読んだ本だけです。

 

本は、暗記する必要も、理解する必要も、さらに言うなら、頭の中で発音する必要もありません。

 

受験勉強ではありませんし、誰かに内容を話すためのものでもありませんから。

 

発音せず、文字を目で追うだけで、脳内に蓄積されていきます。

 

それは、深層意識の下の方に沈んで熟成され、あなたの思考のベースとなるでしょう。

 

速読する人は、頭の中で発音していません。

 

だから、早く読めるのです。

 

大量の読書をするためには、必要でしょう。

 

速読は、速く読む技術というより、速く読めている状態と言えます。

 

発音しなければ理解できないという信じ込みを捨てるか、はなから理解しようと思わないで読むか。

 

気楽に読むほど、速く読めます。

 

挑戦してください。

 

大量に読書して、自信をつけてください。

 

 

 

 

明日は大寒、二十日正月

明日、一月二十日は、二十四節気の第24、大寒です。

 

明日1日を指す場合と、立春までの約2週間を指す場合があります。

 

明日1日だけを指す場合が多いです。

 

七十二候は

 

初候・・・款冬華 ( ふきのはな さく ) : 蕗の薹が蕾を出す。

 

次候・・・水沢腹堅 ( さわみず こおりつめる ) : 沢に氷が厚く張りつめる。

 

末候・・・鶏始乳 ( にわとり はじめて とやにつく ) : 鶏が卵を産み始める。

 

さて、大寒といえば「大寒たまご」でしょうか。

 

これは、大寒の日に産んだ卵のことです。

 

寒の時期の卵は、栄養が豊富だと言われています。

 

現代では、養鶏場の環境が良いので、鶏は年中、同じようなペースで卵を産むようですが。

 

平飼いでは、そうもいかないでしょう。

 

平飼いの「大寒たまご」は、特別です。

 

一年に一回の、縁起物としていただきます。

 

また、寒の時期の卵を「寒卵」といいます。

 

小寒から節分までの間に産んだ卵のことです。

 

これも、栄養価が高いということで、寒卵は俳句の季語にもなっています。

 

昔は、「卵を食べるとコレステロールが増える」と誤解して、控える人もいました。

 

実際は、タンパク質が豊富で、脳に良いレシチンも摂れますから、健康食材の代表といえます。

 

どんどん、食べましょう。

 

もう一つ。

 

明日は、二十日正月です。

 

正月祝いの締めくくりで、鏡開きを行う日でもあります。

 

江戸幕府の政策で正月が短縮されたため、幕府の影響が薄かった地域で残っている行事です。

 

ということで、明後日から全国的に正月ではありませんから、気を引き締めていきましょう。

自信を持つには

開運できない理由の一つに、自信が無いということがあります。

 

自分を信頼していない、自分の価値を認めていない状態です。

 

自分の一番近くにいて、自分を一番よく知っているのが自分自身です。

 

自分が自分を信頼できなければ、他人に信頼されることはありません。

 

自分は価値のない人間だと思っている人に、誰も仕事を依頼して、お金を払ってくれないでしょう。

 

自信を無くす原因になった出来事は、探せば、沢山あると思います。

 

人前で失敗したり、恥をかかされたり、情けない思いをしたことのない人は、まず、いないでしょう。

 

屈辱的な経験をバネにして、自分を磨き上げ成功した人は、自信に溢れています。

 

ただ、成功が自信を持つための必要条件ではありません。

 

なんとしても自信をつけたい方は、大量の読書をお勧めします。

 

それも、電子書籍ではなく、紙の本が必須です。

 

大きめの本棚を設置して、読んだ本を並べていきましょう。

 

本代が気になる方は、古本でも構いません。

 

スピリチュアル系の人は、古本は良くないと言いますが、気にしないでいいでしょう。

 

それに、ブックオフなら、新品に近いものがたくさんありますし。

 

そもそも、自信が無くて開運できない人が、古本についている程度の「元の持ち主の気」を気にしても仕方がありません。

 

物凄く運のいい人が、引っ越しか何かで、たまたま手放しただけかもしれませんし。

 

そんな本を手にしたら、返って運が良くなりますよ。

 

ともかく、大量に読んで、本棚を埋め尽くしましょう。

 

増えていく既読本を眺めているうちに、自信がついてきます。

 

さらに、一度見たものは、一字一句、脳に入っています。

 

思い出せなくても、記憶の奥底に格納されていますから、思考の基礎となります。

 

ですから、今の知識レベルで理解できない本でも、どんどん読んでください。

 

また、難しそう ( 難しそうに見えれば、実際は易しくてもいい ) な本が何冊も並んでいたら、さらに自信が持てますよ。

 

スマホをいじっている暇があるなら、SNSを見ている暇があるなら、読書しましょう。

 

大量に。

 

明日は満月

明日、1月18日は、今年最初の満月です。

 

08時49分、蟹座の位置で起こります。

 

満月のパワーを利用して潜在意識にコンタクトし、願いを叶えてください。

 

満月の祈りは、満月になってから始めるのですが、この日は13時03分までボイドタイムになっています。

 

ボイドタイムとは、ホロスコープ上で、月が他の惑星と意味のある角度 ( アスペクト ) をなさない時間帯のことです。

 

これは、「無の時間」、「空白の時間」、「静寂の時間」ともよばれます。

 

ボイドとは、空っぽの意味です。

 

ボイドタイムの注意として、

 

・計画を立てない。

 

・方針を変更しない。

 

・結論を出さない。

 

・重要な打ち合わせをしない。

 

・情報を信用しない。

 

・大きな契約をしない。

 

・創造的なことはしない。

 

・日常的なことは、いつも通り行う。

 

が、あげられます。

 

「祈ってはいけない」は、入っていませんから、祈りは大丈夫でしょう。

 

ただ、内容に関しては、あらかじめ決めておいた方が良いかもしれません。

 

ボイドタイムは、ネットで調べることができます。

 

これは計算によって数分のずれが出ますから、活用する時は余裕を持ってください。

 

こういうものも、幸せにつながるように、うまく利用しましょう。

 

 

 

 

 

 

明日は土用入り

明日、1月17日は「土用入り」です。

 

年に4回ある土用のうち、冬土用と呼ばれるものです。

 

2月3日の節分まで続きます。

 

土用の期間は、土公神が地上を支配します。

 

それで、土いじりをしてはいけないとされています。

 

とはいえ現代では、農業や土木建築業でもないかぎり、この時期に土をいじることはないでしょう。

 

土用期間中のタブーについては、何度か説明していますので、過去の記事を参考にしてください。

 

さて、土用の期間中に土公神が天上界に出かけて留守になる日を「間日 ( まび ) 」といい、タブーが許されます。

 

冬土用では、寅、卯、巳の日が、それに当たります。

 

今年は、1月25日、26日、28日です。

 

タブーを犯さなければならないのなら、これらの日を選んだ方が、無難でしょう。

 

また、土用には土用殺という凶方位があります。

 

冬土用では、北東方向60度の範囲です。

 

この方位への引っ越し、長期・長距離の移動は控えましょう。

 

避けられないのならば、最低でも神社で「方位除け」の御守りを授かってからにしてください。

 

真心と徳分に応じて、災禍厄難を軽くしていただけるでしょう。

 

さらに、土用には、未の日に「ひ」のつくものを食べると良いとされています。

 

干物、ひじき、ヒラメ・・・。

 

いろいろ、お楽しみください。

 

 

神様を意識する

年に一回、初詣でしか神社参拝をしない人は、神様に願いを叶えていただくことは難しいでしょう。

 

一番いいのは、毎日、神社に通うことです。

 

仕事の帰りに神社に寄って、感謝の祈りを捧げ、出来事を報告したり、愚痴を聞いてもらったりして、常に親しんでいるのが、最高です。

 

それができなければ、月に一回くらいは、お参りしていただきたいです。

 

ただ、平穏無事に過ごしていると、神社から足が遠のきます。

 

それでも、きちんと神棚を祀り、週に一度でも手を合わせているなら、まだ、希望が持てます。

 

一年を通して、神様に意識を向けているからです。

 

意識を向けると、掛橋ができます。

 

それを通して、わずかですが御神氣が流れてきます。

 

そして、ほんの少し運が良くなります。

 

その運が積み重なって、金銭的にも時間的にも余裕が持てるようになれば、神社参拝の頻度を上げて、開運を加速していけるでしょう。

 

できるだけ多く、神様を意識しましょう。

 

朝起きた時、寝る前に短時間でも手を合わせば、1日2回のお祈りになります。

 

これを習慣にすれば、年に730回の祈りになります。

 

初詣だけ手を合わせる人は、年に1回です。

 

この差は、大きいですよ。

 

 

 

 

 

明日は小正月

明日、1月15日は「小正月」です。

 

元日から続いた松の内の締めくくり、です。

 

この日は、田んぼなどで左義長 ( どんと、とんど、どんと焼き・・・ ) を組んで、正月飾りを燃やします。

 

書初め左義長の炎に入れた時、高く舞い上がれば、文字が上達すると云われています。

 

炎が収まったら、残っている炭火でお餅を焼いて食べます。

 

昔は、竈門で御飯を炊いていましたから、この炭火を持ち帰えりました。

 

それを種火にして火を起こし、小豆粥を作ります。

 

無病息災、健康長寿を願ってのものです。

 

都会で左義長が見られるのは、一宮クラスの神社ですね。

 

一般に公開されていますから、参加されると良いでしょう。

 

季節感のある行事を取り入れて、一年のリズムを作っていきましょう。

 

ちなみに、小正月に対して、元日を「大正月」と言う地域もあるそうです。