困ったときだけじゃない神頼み

神社参拝だけでなく、スピリチュアルな分野も使って開運する方法を紹介しています。

今日は「E.T. の日」

12月4日は、「E.T. の日」 です。

 

スピルバーグ監督の映画「E.T.」 が、1982年のこの日に、日本で公開されました。

 

ET とは地球外生命体のことで、簡単に言うと宇宙人のことですね。

 

近頃は、宇宙人よりも「異星人」 の方が、定着しているかもしれません。

 

今年、米軍戦闘機が撮影したUFOの映像が公開されました。

 

マスコミがリークしたものではなく、米軍が正式に公開したものです。

 

来年以降、この類のものが、もっと出てくるでしょう。

 

政治家は、パニックにならないようにと、出し渋っているようですが、パニックになんてなりません。

 

「ああ、やっぱりそうか」 と、ほとんどの人は、思うでしょう。

 

この広い宇宙で、地球にだけしか知的生物がいないなんて考えている人は、今時、少数派です。

 

SFやアニメで観ていることが実際に起きたとしても、さほど、驚かないと思います。

 

攻撃してきたら、パニックになるでしょうけど。

 

さて、神様が宇宙を創造したのなら、異星人の神様は、地球人が考える神様と同じです。

 

神様が自分たちに似せて人類を創ったのなら、異星人も地球人と形状が似ているはずです。

 

きっと彼らも、神に祈るのでしょう。

 

もしも、あの世が全宇宙で共通のものだったら、私達は、別の星で暮らした過去世があるかもしれません。

 

退行催眠を掛けてもらって、別の星での前世が出てきたら、エキサイティングでしょうね。

 

深い瞑想に入っている時に出てきたら、きっと、楽しいでしょう。

 

御先祖が異星人だったりして。

 

空想が、どこまでも広がっていきます。

 

今日は、とりとめもない話になってしまいました。

 

 

 

 

 

人形 ( ひとがた ) に願い事

大祓神事でお焚き上げる人形は、神社によって形が違います。

 

車や二輪車の形をしたものが、用意されている神社もあります。

 

これらの形代 ( かたしろ ) は、交通安全を祈願するものですね。

 

お祓いではなく、お願いするためのものです。

 

ということは、普通の人形で、個人的な願い事をしても良いのです。

 

私は、家族の分を書くときは、幸せを祈願しています。

 

息を吹きかけて、別の人の罪穢れを人形に移すことは出来ませんから、幸せを祈るしかありません。

 

願い事をする時は、人形の裏側に書くと良いでしょう。

 

あくまでも、二枚目からですよ。

 

最初の1枚は、お祓いのために書いて下さい。

 

罪穢れを祓っていただくことで、願いが通りやすくなります。

 

一度、お試し下さい。

 

 

 

 

罪穢れについて

大祓神事で祓っていただく「罪穢れ」 について、復習しておきましょう。

 

まず、「罪」 について。

 

刑法犯罪は、もちろん、罪です。

 

これは、刑務所で贖うなどしないことには、赦されません。

 

当たり前です。

 

大祓祝詞には、天津罪と国津罪が列挙されていますが、この中には現代の刑法犯罪に当たるものもあります。

 

それらは当然、人形 ( ひとがた ) を書いたくらいでは赦されません。

 

赦される罪とは、もっと緩やかなものです。

 

自分の我儘から他人を苦しめることは、日常生活において、知らない内にしてしまうでしょう。

 

当事者は殴ったり、斬りつけたりしているのではないので、相手が傷ついていることに気付きません。

 

親切にしたつもりが、反って嫌な思いをさせてしまう様なことも、まま、あります。

 

これらは罪になります。

 

また、やるべき事をやらないことも、怠りの罪になります。

 

御魂を磨かないことも、罪です。

 

神様から見ての罪を犯さずに過ごしている人は、いないでしょう。

 

次に、穢れは、大切な人やものをなくして、ガッカリすることです。

 

氣が枯れてしまう状態です。

 

穢れ = 氣枯れ ですね。

 

御魂が曇ってしまっています。

 

水晶玉をきれいな布で拭けば曇りが取れるように、人形を書けば、御魂の曇りが取れます。

 

取っていただけます、と言うべきですが。

 

この半年間、どのような罪や穢れがあったか、思い返してみましょう。

 

嫌な思い出が蘇るかもしれませんが、人形を書くなら、大丈夫です。

 

人形を書く前に神前で祈りますが、その時には「知って犯しました諸々の罪穢れ、知らずに犯しました諸々の罪穢れを、ことごとく祓い給え。」 と、祈って下さい。

 

真心込めて、祈りましょう。

 

さらに、今後の精進努力や世の中に貢献することを誓えば、なお宜しいでしょう。

 

より沢山、祓っていただけます。

 

そして来年は、その約束を果たしましょう。

 

 

人形 ( ひとがた ) の季節です

12月31日、全国の神社で「年越しの大祓神事」 が執り行われます。

 

その時にお焚き上げされる「人形 ( ひとがた ) 」 の受付が、始まっています。

 

半年に一度、罪穢れを祓っていただけるチャンスです。

 

何度もされている方は、これをしないと年が越せないでしょう。

 

しなかったら、半年分の罪穢れを背負ったまま、来年の6月まで過ごす事になるのですから。

 

その間にも、罪や穢れが重なっていきますし。

 

運を遠ざけてしまいます。

 

また、罪穢れが溜まってくると御魂が曇って、神様からのメッセージが受け取りにくくなってきます。

 

本来ならば苦しむことで解消されるものを、人形を書くだけで済みますから、便利でお得です。

 

感謝の念を込めて、書いて下さい。

 

この半年間、懸命に御魂を磨き、徳をたくさん積んできた方は、ごっそりと祓っていただけるでしょう。

 

そうでなかった人は、それなりのものになるでしょうけど、奥の手があります。

 

それは、御玉串を多めにすることです。

 

多すぎると、出した後に損したような後悔が残りますから、宜しくありません。

 

ちょっと痛いくらいの額が、最適です。

 

観察していると、たいていの人は10円玉を放り込んでいますね。

 

私は、家族の分も書きますから、千円札を納めます。

 

自分は劫の深い人間だと思われる方は、多い目にしましょう。

 

あくまでも対価代償を求めるのではなく、真心を込めて差し出して下さい。

 

ともあれ、人形は神事の直前まで受け付けていますから、時間を取って書きに行って下さい。

 

半年に一度の、チャンスです。

 

明日は朔日月次祭

いよいよ、12月ですね。

 

今年は、70年周期の節目の年と言われていたとおり、大変な1年でした。

 

ところで、世界的なコロナショックで経済活動が停滞しているにも拘わらず、株価が高騰しています。

 

年明けには、とんでもない事態が起こりそうで、怖いです。

 

資本主義が崩壊していく、その始まりになるのでしょうか。

 

次にどんな世の中になろうとも、私達は、生き残っていかねばなりません。

 

この世では、生きていることに価値があるのですから。

 

明日は、朔日月次祭です。

 

一般参加を開放していた神社でも、感染者増加ということで、また、制限しているかもしれません。

 

参加される方は、ホームページなどで確認して下さい。

 

人の集まるところに行きたくない方は、無理して行く必要はありません。

 

自宅の神棚を、きちんと祀りましょう。

 

感謝の祈りを捧げたら、来年のことも祈りましょう。

 

今年よりも、来年の方が混乱した世の中になりそうです。

 

過去の延長線上に未来があると考えていると、痛い目に遭います。

 

神仏や守護霊、未来の自分からのメッセージは、転ばぬ先の杖になります。

 

確実に受け取り、自分自身と大切な家族を守らなければなりません。

 

それが出来て初めて、周囲の人、日本、世界へと広がっていきます。

 

明日は、真剣な祈りを捧げましょう。

明日は満月

明日、11月30日は満月です。

 

18時30分、双子座の位置で起こります。

 

いつものように、満月のパワーを使って願い事を叶えましょう。

 

明日の満月は、「半影月食」 があります。

 

地球の薄い影がかかる月食で、今年3度目です。

 

今回は、比較的早い時間に起きますので、見られるかどうかは分かりません。

 

それでも良いのです。

 

特別な満月なのだと、認識しましょう。

 

満月の祈りや新月の祈りは、月のパワーを利用して潜在意識に働きかけるものです。

 

願い事は、既に叶ったことを宣言する形にします。

 

ところで、潜在意識は主語を解しません。

 

これは、とても重要な事です。

 

日常生活において、口癖のようにいっている言葉は、潜在意識に入ります。

 

さらに他人の悪口、うわさ話は、やめるべきです。

 

主語を解さない潜在意識は、他人の悪口を自分に対する批判として受け取ります。

 

他人を貶めて優越感に浸っているつもりが、実際は、自分自身を貶めてしまっているのです。

 

恐ろしいことに、潜在意識に入ったことは、いずれ実現します。

 

私は、この事実を知ってから、他人の批判を止めました。

 

これは、逆の使い方も出来ます。

 

他人を称賛することは、自分を敬うことになります。

 

プラスの言葉が口癖になると、それが潜在意識に入りますから、ポジティブなことばかりが実現します。

 

これを使わない手は、ありません。

 

他人のことは、褒めて、褒めて、褒めまくりましょう。

 

たとえ潜在意識に入らなくても、あなたの評判は上がります。

 

 

 

 

 

他力本願

他力本願の本来の意味は、「阿弥陀仏衆生を救おうという願い」 の事です。

 

それが巷では、他人の力に頼るという意味に使われています。

 

エラそうに指摘する人が、たまにいますが。

 

本来の意味では、阿弥陀様に縋って成仏させてもらうのですから、完全に間違った使い方とは言えません。

 

他力は、大事です。

 

この世で生きている限り、自分一人で出来ることは、殆どありません。

 

直接、間接、多くの人との関わり合いがあって、私達は生きていくことが出来るのです。

 

それを理解しましょう。

 

そうすれば、自然に感謝の念が涌いてきます。

 

腹を立てることも、減るでしょう。

 

そして、他人に親切にしてあげたくもなります。

 

人は、人との繋がりがないと生きていけません。

 

このところ、コロナ禍にあって、自殺者が増えています。

 

今年10月の自殺者の数は、2000人を越えました。

 

昨年の同月より、500人以上増えています。

 

そしてこの数は、武漢コロナによる死者数を上回っているのです。

 

コロナショックで、倒産や失業の憂き目に遭い、自ら命を断つ人が増えています。

 

辛い時は、他人に頼りましょう。

 

我慢するのが日本人の美徳、みたいなものがありますけど、本当に辛い時は、他人に頼るべきです。

 

まず、身内からです。

 

今、困っていなくても、二進も三進もいかないことが、いつ起きるか分かりません。

 

家族と疎遠になっている人は、連絡して下さい。

 

喧嘩別れして気まずくなっている場合でも、自分から折れましょう。

 

遠くの親戚より近くの他人と言いますが、実際は、「血は水よりも濃い」 のです。

 

頼るべき一番手は、家族です。

 

家族を大事にして下さい。

 

そして、出来れば頼られる側でいたいものです。

 

余談ですが、冗談で「他力本願寺」 と言うと、本願寺の住職は、気を悪くするようです。