困ったときだけじゃない神頼み

神社参拝だけでなく、スピリチュアルな分野も使って開運する方法を紹介しています。

開運

受け取らなくてもよいもの

「出したものを受け取る」という法則がありますが、時に、出していないものが来ることがあります。 それが、嬉しいもの、楽しいものなら、遠慮なく受け取ってください。 逆に嫌なものがやってきたら、心当たりがあるなら、甘んじて受け取る必要があります。 …

時代は変わっても「出したものを受け取る」のは同じ

土の時代から風の時代になり、世の中の流れが早くなりました。 大きな権力にヒビが入り始めたのも、時代の流れです。 思い当たるところですと、大手芸能事務所、大物芸人、自動車会社、有力政党や国会議員などでしょうか。 この傾向は、ずっと続くでしょう。…

明日は雨水

明日2月19日は、二十四節気の第2「雨水」です。 明日1日だけを指す場合と、啓蟄までの2週間を指す場合があります。 雨水は、明日1日だけを指す場合の方が多いようです。 七十二候は、 初候・・・土脉潤起 ( つちのしょう うるおい おこる ) : 雨が降…

タイムラグを辛抱できるか

願い事がある人は、神社参拝、墓参り、守護霊に祈願、新月や満月の祈り、潜在意識の活用、宇宙への発注など、様々な方法で願い事をするでしょう。 その後、行動しなければ何も変わらないのは当たり前です。 願い事実現のために、閃いたことを、即、実行に移…

昨日と同じ今日を過ごさない

今が幸せで、人生を変えたくない方は、開運情報を仕入れたりしないでしょう。 この記事を読まれている方は、人生を変えたい、もっと幸福になりたいと思っているはずです。 とはいえ、思ってはいるものの、起床から就寝まで、毎日、同じパターンで過ごしてい…

よさこい稲荷神社

高知県高知市にあります、「よさこい稲荷神社」を紹介しましょう。 御祭神は 宇賀魂神 ( うかのみたまのかみ ) 大宮能賣神 ( おおみやのめのかみ ) 猿田彦神 ( さるたひこのかみ ) もともと、京都河原町の土佐藩主・山内邸内にありましたが、明治維新後に高…

バレンタインデー

かつて日本では、女性が男性にチョコレートを贈る日でした。 やがて義理チョコが振る舞われるようになりました。 それが友チョコになり、今は自分へのご褒美が主流です。 流れはどうであれ、デパートやコンビニなどで「バレンタインセール」があって、街はキ…

凶方位に引っ越した時

進学、就職、結婚などで、凶方位に引っ越すことがあります。 凶方位であることが事前に判っていたら、凶作用を避けることができます。 その一つが、「方違え」です。 これは、一旦、凶方位ではない別の場所に引っ越します。 そこで、日の十干十二支が一回り…

恵方参り

恵方には歳徳神がいらっしゃるので、自宅から見て恵方にある神社にお参りすると、歳徳神の御神徳もいただけます。 昔、人々は年の始めに、恵方にある神社に初詣をしました。 明治以降は、方角を氣にせずに初詣を行うようになったようです。 さて、恵方が切り…

明日は建国記念の日

明日2月11日は建国記念の日です。 今年は、皇紀2684年です。 古代は春秋暦を使っていましたから、当時の2年が今の1年になります。 古事記や日本書紀で、古代の天皇の年齢が軒並み100歳を超えているので、「書かれていることは嘘だ」と、左翼学者…

明日は新月、旧正月

明日2月10日は、旧暦の1月1日です。 日本で旧正月を祝うのは、今となっては限られた地域だけです。 ほとんどの地域では何もしませんが、自分一人だけでも新年を祝いましょう。 人は、年齢を重ねるほど祝い事が減っていきます。 一年中、忌ごとや法事ば…

恵まれていない人間ほど恵まれた時、バランスを失いやすい

宝くじ高額当選者の7割は破産する、と言われています。 私は、この数字は信じていませんが、破産する人はいると思います。 手にしたことのない、見たこともない大金を手にして冷静にいられる人は、稀でしょう。 「恵まれていない人間ほど恵まれた時、バラン…

明日は針供養

明日2月8日は、針供養です。 物に魂が宿る、あるいは、初めから宿っているという考えに、違和感を持つ日本人は少ないでしょう。 供養とは、日本の場合、御先祖様、すなわち、既に亡くなっている人に対して食べ物や花などを捧げることを言います。 針供養は…

10天体順行

西洋占星術で使う10個の天体、太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星が、現在、全て順行しています。 順行とは、地球から見て同じ方向に進んでいるという意味です。 地球は3番目の惑星であり、惑星は公転周期が異なっているの…

凶方位を利用して開運

随分前に紹介しましたが、凶方位も利用することで開運に結びつけることができます。 凶方位の代表は、五黄殺です。 これは、前世の刧が吹き出してくる方位です。 人は、生まれてから干支が一巡する60年間かけて、前世の刧を贖います。 普通に暮らしていて…

吉方位を最大限に利用する

氣学における吉方位の効果を得るには、引っ越しが一番です。 その次が、100キロメートル離れたところに、3泊4日以上滞在することです。 両方とも、年盤による吉方位を用います。 方位盤には、年盤の他、月盤、日盤、時盤があります。 2泊以内の旅行な…

明日は立春・立春大吉

明日2月4日は、二十四節気の第1「立春」です。 明日1日を指す場合と、雨水までの2週間を指す場合があります。 立春は、明日1日だけを指すことの方が多いです。 七十二候は、 初候・・・東風解凍 ( はるかぜ こおりを とく ) : 東風が厚い氷を溶かし始…

明日は節分、土用明け

明日2月3日は節分です。 節分は年に4回ありますが、立春の前日だけ特別扱いしています。 これは、立春が年の初めだからです。 立春は、天界の正月とも言えます。 氣学で用いる年盤は、立春から変わります。 また、干支の象意も立春から本格的に現れます。…

一貫性を持った祈りを繰り返す

年に一回、初詣だけの神社参拝では、願い事は叶いません。 大きな神社だと、初詣だけで200万から300万人が参拝します。 伊勢神宮は、年間約700万人、参拝するそうです。 大勢押し寄せる参拝者の中で、目立っていないと、神様に目をかけてもらえませ…

明日は朔日月次祭

明日2月1日は、全国の神社で朔日月次祭が行われます。 通常、一般の参加が認められていますから、お時間のある方は是非、ご参加ください。 月次祭では、神職を先達として、大勢で日本国の平和と繁栄、日本国民の幸福、皇室の弥栄などを祈ります。 自分の欲…

安心感は神様との関係から

「神様に守られている」という実感があったら、安心です。 菅原道真の歌「心だに まことの道にかなひなば いのらずとても 神やまもらむ」を、ご存知の方も多いでしょう。 誠実な心で、誠実な行いをしているのなら、祈らなくても神様は守ってくださる、くらい…

安心感が持てるのなら

世界ナンバーワンコーチ、アンソニー・ロビンズが確立した「シックスヒューマンニーズ」理論があります。 これは、人の欲求を六つに分類したものです。 それは 1、安心感、安定感 2、不安定感、不確実感 3、自己重要感 4、愛、繋がり 5、成長 6、貢献 …

出来事は単に出来事

自分に起きることは、自分が引き寄せたものです。 前世の徳分が沢山ある人は、喜びごとが沢山起きます。 刧が多い人は、辛いことが沢山起きます。 だいたい、徳の多い人は明るくて元氣なので、さらに明るく元氣になることを引き寄せます。 刧の多い人は暗く…

根室 金刀比羅神社

北海道根室市にあります「根室 金刀比羅神社 ( ことひらじんじゃ ) 」を紹介しましょう。 御祭神は 大物主神 ( おおものぬしのかみ ) 事代主神 ( ことしろぬしのかみ ) 倉稲魂神 ( うかのみたまのかみ ) 創建は 文化三年 ( 西暦1806年 ) 、北洋漁業開拓…

信じ込みの書き換え2

人は信じ込みに従って行動します。 例えば、目立つことについて。 「目立つことは良いことだ。」と信じている人と、「目立つことは悪いことだ。」と信じている人とでは、真逆の行動になります。 目立つことは良いことだと信じている人は、積極的に行動し、多…

明日は今年最初の満月

明日1月26日は満月です。 02時55分、つまり今夜、獅子座の位置で起こります。 今年も、満月のエネルギーを利用して、願い事を叶えましょう。 満月の祈りとは、満月のパワーを利用して潜在意識にアクセスするものです。 お月様にお願いするのではあり…

信じ込みの書き換え

大抵の教師や親は、努力が大事だと教えます。 幼い頃から繰り返し刷り込まれた結果、「努力することは当たり前だ」と、信じ込みが出来上がります。 努力できなかったら、「努力できない、こんな自分はダメなんだ」と、自己嫌悪に陥ることもあります。 物語、…

本格的な風の時代の前に

冥王星が山羊座から水瓶座に入ると、風の時代です。 天文学では冥王星は惑星から外されましたが、西洋占星術では惑星です。 惑星は、「惑う星」と書きますが、地球からの見かけ上、行ったり来たりしているので、そう呼ばれます。 今、冥王星はホロスコープ上…

龍神信仰になってはいけない

辰年ということで、龍が祀られている神社が人気のようです。 昇龍のエネルギーを受けて、金運上昇、仕事運上昇、恋愛運上昇、健康運上昇などが期待できます。 参拝に行かなくても、すでに龍が憑いている人もいるようです。 憑いているというと嫌な感じですか…

欲しいものは幸福感なのか

「お金が欲しい」と言う人は多いですが、その人が望んでいるのは「お金そのもの」ではないでしょう。 ただ、お金があることで、安心感は得られます。 逆に、取られはしないか、襲われはしないかと、不安になる人もいるでしょう。 お金によって、物質的なもの…