困ったときだけじゃない神頼み

神社参拝だけでなく、スピリチュアルな分野も使って開運する方法を紹介しています。

明日は啓蟄、八専始め

明日三月五日は、二十四節季の第3「啓蟄 ( けいちつ ) 」 です。

 

明日1日を指す場合と、春分までの約2週間を指す場合があります。

 

明日1日だけを指すことが、多いようです。

 

啓蟄は、冬籠りの虫が這い出るという意味ですから、春の到来を意味します。

 

七十二侯は

 

初候・・・蟄虫啓古 ( ちっちゅう こを ひらく ) : 冬籠りの虫が出てくる。

 

次候・・・桃始笑 ( もも はじめて わらう ) : 桃の花が咲き始める。

 

末候・・・菜虫化蝶 ( なむし ちょうと けす ) : 青虫が羽化してモンシロチョウになる。

 

日が長くなり、暖かくなり、心がうきうきしてきます。

 

ところが、明日は八専始めです。

 

八専とは、十干十二支の組み合わせで、壬子 ( みずのえね ) から癸亥 ( みずのとい ) の日までの12日間を指し、何事もうまくいかない期間とされています。

 

12日なのに、なぜ八か。

 

じつは、この期間の内、間日と呼ばれる日が4日あるからです。

 

土用の間日と、同じです。

 

二日目、五日目、七日目、11日目が、間日に当たります。

 

八専の期間に何か始めるなら、間日を選んでください。

 

なお、十干十二支の組み合わせは60通りありますから、八専は年に六回あることになります。

 

開運したい方は、こういうものにも、拘ってください。

 

古来から残っているものは、意味があるからです。

 

単なる迷信なら、何世代も残りません。