困ったときだけじゃない神頼み

神社参拝だけでなく、スピリチュアルな分野も使って開運する方法を紹介しています。

忘れてませんか、紫陽花のおまじない

毎年紹介していたのですが、今年は、うっかりしていました。

 

トイレに紫陽花を吊すおまじないです。

 

これは、六月の六のつく日に紫陽花をトイレに吊るすと、女性は下の病気に罹らない、というものです。

 

また、将来、下の世話にならずに済む、とも言われています。

 

紫陽花の葉に毒があるためか、昔の人は、魔除けの霊力があると考えたのでしょう。

 

六月六日は過ぎてしまいましたが、六のつく日は、今日を含めて、あと2回あります。

 

また、旧暦六月六日は新暦の七月十五日ですので、その日でもいいでしよう。

 

むしろ古来の風習は、旧暦で行う方がしっくりきます。

 

いつ行うにしても、おまじないですから、あまり深刻にならず、気合を入れ過ぎないことが大切です。

 

ワクワクしながら、楽しんでください。

 

やり方を説明しましょう。

 

紫陽花の花を和紙で包んで、紅白の水引で結びます。

 

和紙は半紙でも構いません。

 

また、紅白でなく金の水引を使うと金運に恵まれる、という説もあります。

 

吊す場所は、魔除けや金運を求めるなら玄関や軒先に、下のこと対策にはトイレに吊るします。

 

蛇足ですが、下向きに吊るしてください。

 

一生に一度ではなく、毎年やってくだいね。

 

大切なのは、「やらねばならない」の気持ちではなく、「やるのを楽しむ」です。

 

楽しみましょう。