困ったときだけじゃない神頼み

神社参拝だけでなく、スピリチュアルな分野も使って開運する方法を紹介しています。

明日は寒露、十三夜

明日10月8日は、二十四節気の第17「寒露 ( かんろ ) 」です。

 

明日一日だけを指す場合と、霜降までの半月間を指す場合があります。

 

明日一日だけを指すことが多いようです。

 

七十二候は

 

初候・・・鴻雁来 ( こうがん きたる ) : 雁が飛来し始める。

 

次候・・・菊花開 ( きくのはな ひらく ) : 菊の花が咲く。

 

末候・・・蟋蟀在戸 ( きりぎりす とにあり ) : キリギリスが戸の辺りで鳴く。

 

残暑もなくなり、本格的に秋を感じます。

 

食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋など、何をするにも良い季節です。

 

四季の変化に富んでいる日本に住めることを感謝して、存分に楽しみましょう。

 

もう一つ。

 

明日は十三夜です。

 

旧暦9月13日の月は、「栗名月」や「豆明月」とも呼ばれています。

 

まん丸の満月ではないところが、日本人には美しく感じます。

 

また、「満つれば欠くる」というように、十三夜の月は伸び代があります。

 

これから、まだ、発展していく希望が感じられます。

 

明日の晩、晴れることを期待しましょう。

 

美しい月を見て、心を豊かにしてください。